ホームページ作って終わりになってませんか?

「競合他社がホームページで集客に成功している!売上を上げている!!」
そんなことを耳にして、気合を入れて制作したホームページ、、
制作時はこだわりを持ち制作したけど、公開後は特に何も触らずに成果も特に出ていない。
そんな企業様が多くいらっしゃるかと思います。

 

ホームページは公開することがスタートラインです。

ホームページの起ち上げは、自社や自社のサービスを振り返る機会になり非常に有効な機会になりますが、その分非常に大変な労力を必要とします。
WEBサイトのデザインイメージを考える。キャッチコピーやテキストを用意する。写真を用意する。サービスについて顧客目線で1から考え直してみる。など様々な事を行う必要があるため、「ホームページを制作すること」が目的になり、【作って終わる。】という現象が発生してしまうのです。ですが、ホームページを作ることは目的ではなく手段です。
本来の目的は、売上・利益をあげること、ブランディングをすること、認知をあげること等のWEBマーケティングを行う事にあります。
ホームページを公開することは、目的を達成する為の「スタートラインに立つこと」に他なりません。

 

作って終わらない。WEB集客を成功させるホームページとは?

では、作って終わらない。WEB集客・マーケティングを成功させるホームページとはどういったホームページでしょうか?!
この質問には、いくつかの回答がありますが、より重要な2つの回答を下記に記載します。

 

①ホームページ制作前に公開後のWEB集客・マーケティング戦略が立案されている。

構成改善

時間軸が前後しますが、そもそもホームページの制作時に公開後のWEB集客・マーケティング戦略が立案されているかが非常に重要になります。例えば本来「権威や信頼感」が重要になる市場にも関わらず、「安さや親しみやすさ」に寄ったデザインをしているとニーズに沿わず成功できる可能性が小さくなります。この様にサイト制作前にターゲットのニーズの見極めなどをしっかりと行い、戦略を立案し、ホームページに落とし込みをする必要があります。

②ホームページの成果を分析して、改善案を立案、実行する。ホームページを育てる環境が整っている。

Webコンサルティング(打ち合わせ)の内容

どれだけ立派な戦略を練り、そのとおりにサイトを作ったとしても必ず成功するとは限りません。時間は常に流れており、世の中には”流行り・廃り”が存在しております。また、実際にホームページを運営してみると想定していたこととは全く違う事が頻繁に起こります。こういった時に大事になるのが、成果を分析し、改善案を立案、その案を実行し、分析し〜という、、いわゆるPDCAサイクルを回す事です。このPDCAを回すサイクルが整った環境が無いと当初作成した戦略も机上の空論となり、意味を成しません。PDCAを回し、より現実の世界で成果のでるホームページを作っていく、育てていく、環境に置かれたホームページは成功の確率が非常に高まります。

 

これからホームページを作る方も、すでにホームページをお持ちの方もまずは戦略を立案(確認)して頂き、公開後にPDCAを回せる環境を作る事にフォーカスしていただければ、きっと成果につながるホームページとなることでしょう。

MPHでは、ホームページ制作、戦略立案、PDCAを回す現場作りの支援など成功するホームページを作るお手伝いをさせて頂いております。ご相談は無料となっておりますので、お気軽にご相談下さいませ。

>お問い合わせはこちら