ECサイトはとにかくやることが多い。。

サイト制作・仕入れ(メーカーとの交渉)・人員配置・配送会社との交渉・売上計画の策定などECサイトの立ち上げには非常に多くの業務が必要になります。
またOPEN後も、仕入れ・在庫整理・受発注業務・発送業務などの運用業務が発生し、効果的にマーケティングを行うことが困難になり、蓋を空けてみれば「忙しいのに、全然売上が上がっていない」「売上はあがっているが、利益が全くでていない」など多くの時間とコストを掛けたのに事業として全く成り立たない状態になってしまっている企業が多く見受けられます。
こういった状況に陥らいらずスピーディーに売上・利益を生み出す為にはどのような行動を取るべきなのでしょうか?!

早期の売上・利益創出の為には戦う【カテゴリーの選択】が必要

ECサイトでは、【価格やサイズ、商品の種類、使用する対象、シーン】など顧客のニーズに合わせて、商品の選択方法=カテゴリーを用意しております。これは、1つの商品を取っても様々な探し方あるためです。
例えば、あなたが財布を探している場合を想像して下さい。

どんな財布を探してますか?財布を探している理由はどんな理由ですか?「自分が使っているものが古くなったから?」「彼氏・彼女へのプレゼント用に?」仮にあなたが男子大学生で同級生の彼女に財布にプレゼントする財布を探しているとすると、
・”20代”の”女性”が”プレゼント”されて嬉しい財布。予算は”30,000円以下”で
を探したいですよね。””で囲まれたものはすべてカテゴリーになりうるもので、これらはすべて商品を探す時の切り口になります。財布を探す場合は、上記の様なカテゴリー以外にも”長財布”や”2つ折財布”といった財布の種類、”PRADA”や”土屋鞄”、”miumiu”といった財布のブランドなどが存在します。

ECサイトで早期に売上・利益を創出するためには、この【カテゴリー】を【選択する】ことが必要になります。
【カテゴリーを選択する】とはどういうことでしょうか?!簡単に言い直すと以下の様に言えます。

「お客さんのニーズ全てに最初から対応するのは大変だから、こちらが得意とする領域を選んで、そこで他社よりも自社が選ばれる環境を作る」

戦う領域が限られていれば、多忙なECサイト運営において
・考えないといけない事の総量が減る
・仕入れ、在庫管理も集中的に出来るので、業務・経理・管理双方で楽になる
・マーケティングを強化すべきポイントが明確になり、同じ時間で実行出来る量が増える
などのメリットを享受することが出来、自社が選ばれる環境つくり=売上・利益つくり を早期に行える様になります。

戦うカテゴリーはどのようにして選択するか?

ここまで、早期に売上・利益を創出するために【カテゴリーの選択】が必要なことを御案内してきましたが、どのようにして戦うカテゴリーを選択するのでしょうか?!

選択する為のポイントは3つあります。

①市場規模があること
折角様々な対策を行っても、そもそもその領域にニーズがなければ意味がありません。市場規模がある領域を選択しましょう。

②競合が多すぎないこと
市場が合っても、競合が多すぎる領域を選択してしまうと、成果が出るのに時間が掛かりすぎる事があります。出来る限り競合が少ない領域を選択しましょう。

③商品力がある領域であること
市場規模があって、競合が弱くても、商品力がなければお客さんに購入してもらうことが出来ません。自信を持って販売出来る商品力のある領域を選択しましょう。

上記の3つのポイントを外さず、選択したカテゴリーでしっかりと対策を施せば必ず成果が出ます。これからECサイトを立ち上げる方、ECサイトを運営しているが中々利益が出てい無い方は是非この方法を試して見てくださいね。

MPHでは、市場規模の調査や競合調査を始め様々なECサイトの売上アップの為のお手伝いをさせて頂いております。起ち上げ半年で月商1000万円、売上2000万円で販管費5%以下、支援から1年で売上が200%など様々な成功事例がありますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

MPHが支援しているお客様のサイトの実際のアクセス数の推移例:起ち上げ3年目。レンタル商材で月商1000万円突破

Analytics-data

>ECサイトのWEBコンサルティングはこちら

>お問い合わせはこちら