MPHを運営するプラスファクトリー株式会社が2020年6月11日IT補助金支援業者として登録されました。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは中小企業・自営業の皆様がITツール導入に活用いただける補助金になります。
MPHが導入支援するITツールはA型に分類されるツールであり、通常の限度額は導入する費用の1/2、最大150万円となります。

※新型コロナウィルス流行により、資金繰りにお悩みの事業者に向けて特別枠(C類型)が用意されております。こちらに該当する場合、導入する費用の3/4、最大450万円まで補助を受ける事が可能です。
※IT導入補助金について、詳しくは >こちら をご確認くださいませ。

利用方法

IT導入補助金の利用には以下の手順を踏む必要があります。
MPHのITツールをご利用の方には、補助金申請のサポートも行わせて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

  1. IT導入補助金の趣旨資料の確認
  2. IT導入支援業者・ツールの選定
  3. 申請用アカウント(gBizID)の作成
  4. 交付申請
  5. 交付決定
  6. ツール導入
  7. 事業実績の報告
  8. 補助金の交付
  9. 事業実施効果の報告

※C類型については、ツール導入→交付申請→交付決定 の場合も認められる事があります。
※IT導入補助金利用の詳しい流れは こちら> をご確認下さい。

申請期限

2020年8月25日現在、決まっている申請期限は以下になります。

6次締切分・C型5次締切分

  • 締切日:2020年7月31日(金)17:00まで
  • 交付日:2020年8月31日予定

7次締切分・C型6次締切分

  • 締切日:2020年8月31日(月)17:00まで
  • 交付日:2020年9月30日予定

8次締切分・C型7次締切分

  • 締切日:2020年9月30日(水)17:00まで
  • 交付日:2020年10月30日予定

※2020年度の1次〜5次締切分は既に終了しております。

申請に必要なもの

gBizIDの取得

補助金の申請にはgBizIDプライムというものが必要になります。
gBizID取得には2週間程度かかりますので、なるべく早めに取得をお願いします。

>gBizIDの取得はこちら

SECURITY ACTION 宣言

>SECURITY ACTIONとは?

>SECURITY ACTIONのお申込みはこちら

法人様に必要なもの

  • 履歴事項全部証明書(発行から3か月以内のもの)
  • 税務署窓口で発行された直近の法人税納税証明「その1」もしくは「その2」

個人事業主様に必要なもの

  • 運転免許証コピー(有効期限内のもの)もしくは 住民票(発行から3か月以内のもの)
  • 税務署窓口で発行され直近の所得税税納税証明「その1」もしくは「その2」
  • 直近分の確定申告書Bの控え(税務署の受領印か受信通知のあるもの)

MPHで申請出来るITツール

2020年6月現在、MPHで申請出来るITツールは以下の内容になります。

メーカー直販・卸売業者向けECサイトシステム

EC-CUBEをベースとしたメーカー・卸売業者向けのECサイトパッケージになります。
本ツールの特徴として、以下などが上げられます。

  1. EC-CUBEで構築
  2. TOC、TOB双方に対応
  3. TOBの商流を一元管理可能
  4. 実績豊富な「売れる構成」をそのまま使える
  5. ECサイトの集客に不可欠なSEO対策対応済み
  6. SSL・セキュリティ対策標準対応
  7. PC・スマホ 両デバイスに標準対応
  8. ご希望に合わせてカスタマイズ可能

詳細な情報は下記よりご確認下さいませ。

>【サービス紹介】メーカー直販・卸売業者向けECサイトシステム

SEO付き通販サイトシステム

WooCommerceをベースとしたSEOに強いECサイトパッケージになります。
本ツールの特徴として、以下などが上げられます。

  1. 世界シェアNo1WooCommerceで構築
  2. 実績豊富な「売れる構成」をそのまま使える
  3. ECサイトに不可欠なSEO対策対応済み
  4. SSL・セキュリティ対策標準対応
  5. PC・スマホ 両デバイスに標準対応
  6. 越境EC化も可能
  7. ご希望に合わせてカスタマイズ可能

詳細な情報は下記よりご確認下さいませ。

>【サービス紹介】SEO付き通販サイトシステムのご紹介

CommerceCreatorの移行・導入

株式会社フューチャーショップが提供するSaaS型のECサイトプラットフォーム「FutureShop」のCMS機能であるCommerceCreatorへの移行・導入を行います。

CommerceCreatorの特徴として以下の様なものが挙げられます。

  1. 自由なWEBサイトの設計
  2. レスポンシブデザインの実現
  3. 非会員へのクーポン付与
  4. 階層構造のシンプル化
  5. 会員ステータス毎の表示切り替え
  6. カートに入れた商品を複数デバイスで確認
  7. サイト内検索の制度向上 など

詳細な情報は下記よりご確認下さいませ。

>【サービス紹介】コマースクリエイター(CommerceCreator)への移行

IT導入補助金ご検討の方はお気軽にお問い合わせ下さい

新型コロナウィルスの影響などで、

  • 非対面型ビジネスモデルへの転換
  • テレワーク環境の整備

の為に【既存の販売モデルからECサイトでの販売への切り替え】を検討されている方はMPHを始めとしたITツールと補助金を上手く活用いただき、目下の事業継続・今後の事業繁栄に役立てていただけと思います。

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

>お問い合わせはこちら