近年、さまざまな分野で、大きく業績を伸ばしているのが「レンタルビジネス」です。
少し前までは「自分の手元に残らないものに対してお金を払うなんて…」と考える方も多かったのが、時代は移り変わってきています。
今後さらに成長が予想されるレンタルビジネスですが、中には「本当に儲かるのだろうか?」と不安や疑念を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?!
レンタルビジネスの魅力やメリットと共に、その詳細について解説します。気になるデメリットや注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

所有することよりも使用することに重きをおかれる現代、レンタルビジネスが伸びています。

今後のレンタルビジネスの展望を考える上で、まず欠かせないのが「なぜレンタルビジネスがこれほどまでに伸びてきているのか?」という点です。
一昔前までは、利用したいモノがあれば、「まず購入する」というスタイルが一般的でした。もちろん今ほど「借りる」という方法が一般的になっていなかったこともありますが、やはり「購入し、自分のものとする」という行為に、満足感を抱く人が多かったのでしょう。
しかし近年、若者世代を中心にこうした価値観は大きく変化してきています。モノの目的は、所有することではなく、使うこと。自分にとって必要なときに、必要な分だけ使うことができれば、「その所有権がどこにあるのか」は、あまり気にしない人が増えてきています。
消費者にとってレンタルとは、購入よりも手軽にモノを使用するための便利な形態となっています。所有しなければ、必要なくなったモノは、自身で処分する必要もありません。所有元へと返却するだけでOKです。
また万が一、手元のモノが気に入らなかったときでも、レンタルならばそれほど手間はかかりません。気に入らなかったモノをいったん返却し、あらためて別のモノをレンタルすれば良いでしょう。
このような考え方が一般に浸透したことで、レンタルビジネスは大きく成長していると考えられます。

レンタルビジネス例

では具体的に、どのようなレンタルビジネスが人気を集めているのでしょうか。代表的なビジネス形態を4つ紹介します。

①ビデオレンタル

比較的古い時代から存在しているのが、ビデオレンタルショップです。昔は「店舗に出向いて、ビデオを借りる」というスタイルが一般的でしたが、近年では、自宅にいながらにして、インターネットで情報をやりとりするケースも増えてきています。
定額制で借り放題プランや、わざわざ店舗まで出向く必要のない宅配プランなど、時代のニーズに合わせた事業展開を行う企業が、大きく成長してきています。

②車レンタル

車のレンタルといえば、いわゆる「レンタカー」をイメージする方も多いのかもしれません。しかし近年は、これ以外にもさまざまなスタイルの車レンタル事業が登場しています。
短期間の利用ではなく、数年間の利用を視野に、車のリース契約をする個人のお客さまも増えていますし、車のオーナーの方が「自分が車に乗らない時間を有効活用して、レンタルに回す」というスタイルも増えてきています。
車を借りたい人と貸したい人がうまく結びつくことで、新たな可能性が生まれた事業形態だと言えるでしょう。

③農機具レンタル

農機具は高価なアイテムも多く、「趣味で農作業をしたい」と思っている方にとっては、簡単に購入できるものではありません。またせっかく購入しても、実際に使用するのは1年の間にわずか数日…なんてケースも少なくないのです。
購入するまでもないけれど、好みの農機具を便利に活用したい…! このようなニーズに注目し、スタートしたのが農機具のレンタル事業です。
本格購入前の「お試し」として、レンタルを利用される方も少なくありません。

④ドレスレンタル

こちらも、使える期間が限られているアイテムの一つです。ドレスを着用する機会はそれほど多くはありませんし、年齢やその時の好みによっても、選びたいドレスは変わってきます。購入よりも、むしろレンタル!と、積極的に借りるお客さまも増えてきています。
パーティードレスは、クリーニング不要で送り返すだけ、という事業者も多くあり、メンテナンスの手間がかからないことや、費用がかさまない点においても人気を集めています。

このように、レンタルビジネスにはさまざまな分野の会社が進出してきています。今後もさらに、「え!? これもレンタルできるの?」などと思うような分野で、レンタル事業への参入が進んでいくと考えられます。

レンタルビジネスのメリット・デメリット

ではここで、レンタルビジネスに参入する際のメリットとデメリットについてまとめてみましょう。
メリットは以下のとおりです。

・一つの商品を利用して、何度も儲けを発生させられる
・店舗不要で開業できる
・少人数でも経営に乗り出せる
・注目度が高まっているものの、まだまだ未発掘の分野も多い

インターネットを活用してお客さまを集客することで、開業にあたって「店舗」というものは必要なくなります。また「商品のメンテナンス」や「発送業務」がメインの仕事となりますから、工夫次第で、少人数からのスタートも可能となっています。
自分で「コレ!」と思える対象を見つけることができれば、事業を急成長させることもできるでしょう。

一方でデメリットは以下のとおりです。

・商品の破損や汚損のリスクがある
・アイテムによっては、商品保管のためのスペースが必要
・往復の送料が掛かるため、利幅が小さくなる。
・需要がない在庫を、大量に抱えてしまう可能性もある
・借り手がつかなければ、即赤字

レンタルビジネスに参入する際には、商品の原価と、それをレンタルに回すことで得られる利益について、慎重に検討する必要があります。例えば「10回以上レンタルされれば、儲けが出る」というアイテムが、「5回で駄目になってしまった」となると、事業としては赤字になってしまいます。

レンタルビジネスを行う上での注意点

レンタルビジネスに参入するのであれば、先ほど挙げたデメリットを最小限にすることが何より大切なポイントとなります。具体的には、以下のポイントを、注意点として頭に入れておいてください。

・レンタル対象商品の見極めは慎重に行う
・メインの客層をしっかりと意識して、効果的な宣伝を行う
・営業方法や契約完了までの流れを、しっかりと決めておく
・リピーター獲得のための工夫を行う

まずはレンタル対象の見極めについてですが、もっとも重要な項目と言って良いでしょう。レンタルビジネスが盛んになってきているとはいえ、消費者にとって「やはり購入した方が得だ」と感じるアイテムは決して少なくありません。いかに「レンタル」という形態のメリットを伝えられるかが、重要なポイントとなります。
また、レンタルサービスが提供されていることを知らなければ、消費者はごく自然に「購入」という手段を選びます。客層をしっかりと意識しつつ、効果的な宣伝を行う必要があります。
主にインターネットでやり取りを行う場合には、契約完了までの流れや、どう固定客をつかんでいくのかまで、しっかりと検討しておくことも、重要なポイントとなります。
これらの注意点を踏まえて、事業の安定化を目指していきましょう。

レンタルビジネスをネットでスタートするためには?

レンタルビジネスをスタートするためには、商材の決定・仕入れ、倉庫や物流の仕組み作り、必要なオペレーションの構築など様々決定することがありますが、ネットを主な集客経路とする場合に最も重要となるのは「どういうカートシステムを利用するか?」です。

カートシステムによって、商品をネット上で販売することが出来、商品・顧客・売上等の管理も可能になるため非常に重要なのですが、このカートシステムには大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 自前で制作する
  • カートシステムのASPを利用する

の2つです。それぞれにメリットとデメリットがあります。

自前で制作するメリット・デメリット

自前で制作するメリットは自由に機能を作れるところにあります。
2019年現在、レンタル機能が付いているASPのカートシステムは限られているため、自社の商材にあった機能が付いてなかったりする事があります。自前で作れば、基本的には好きな様に作成する事が出来るのでそういった心配はありません。

デメリットについては、システム開発が必要になるためイニシャルコストが大きくなる傾向があります。また、自由に作れるといっても仕様が難しいものはその分コストが必要となり、後々の保守も難しくなります。
また、事業が続く限りシステムのメンテナンスが必要になりますので、信頼できるプログラマさん・システム会社を見つける事が出来ない場合は、選択を避けた方が良いかと思います。

カートシステムのASPを利用するメリット・デメリット

カートシステムのASPを利用するメリット、システム自体の制作が不要なのでイニシャルコストを抑えることが出来る所にあります。また、事業としてカート提供を行なっている事業者を利用するので、一般的なプログラマさんやシステム会社に依頼するよりも安心・安全です。

デメリットは、用意された機能を使う為、自由度が制限されてしまうことです。

立ち上げ時はレンタルのカートシステムASPが◎

2つのパターンについて、説明しましたがレンタルビジネスをこれからスタートされる方にオススメなのは「カートシステムのASPを利用する」方法です。

イニシャルコストが抑えられるのが、最大のメリットですがその他の点でもリスクが少なく、堅実な選択と言えます。
自由度が効かないというデメリットについては、事業がある程度軌道に乗り、キャッシュも出来た時点で「自前での制作」を検討するなどで解決するのが良いかと思います。

また、ランニングコストについても自前で制作した場合の保守料金+サーバー代と大差無いか、若干安くなることが多いのでMPHとしてはASPの活用をオススメします。

レンタルのカートシステムASPはaishipRがオススメです!

レンタルのカートASPは限られており、MPHの知る限り2019年10月現在aishipR以外に対応しているカートはありません。その為、ASPを活用する場合は必然的にaishipRを利用する形になります。
選択肢がこれしか無いとはいえ、基本的に欲しい機能は備わっており事業をスタートする上で特に支障はありません。
MPHのクライアントでもaishipRを利用して月商1000万円を達成した企業様もおりますので、これからレンタルビジネスをスタートされる方はご検討されてはいかがでしょうか?!


レンタル対応カートシステムASP【aishipR】はこちら

レンタルビジネスを検討されている方は、レンタルビジネスの経験豊富なMPHにお気軽にご相談ください。

レンタルビジネスもMPHにお任せ下さい!

現在レンタルビジネスを検討されている方にとって、「問題点をどう解決していくのか」がネックとなり、話が前に進まなくなってしまうことは、決して珍しいことではありません。
また「こんなレンタルビジネスがあったら面白いのに!」と思いつつ、事業化する方法がわからないため、ただアイデアを眠らせてしまっている方もいるのではないでしょうか。
MPHは、レンタルビジネスのサポート経験も豊富です。実際にレンタルビジネスのサポートをさせて頂いた事例をいくつかご紹介します。

事例1:結婚式や二次会に利用するパーティードレスのレンタル

レンタルドレス サイト

事業立ち上げ時からお手伝いさせていただき早期に月商1000万円を突破しました。様々なビッグワードで上位表示を達成し、アパレルサイトでは異例の販促費比率で効率の良い集客を実現。3年間で業界No1のアクセス数に。

事例2:冠婚葬祭で使用する着物のレンタル

着物レンタル

すでにレンタル業界では比較的競合の多い和服・着物といった商材において、競合が比較的少ないカテゴリーを発掘し、商品強化を行った事で検索結果の独占と安定的な売上の確保を実現。その他のカテゴリーも商材価格・利益の見直しなどを行い、大幅な売上UPを達成しました。

MPHなら「こんな事業ができたらな」というアイデアの段階から、実際に事業をスタートさせ、そして安定した経営状況へと導くためのお手伝いをいたします。
ご相談は無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

>お問い合わせはこちら
>ネットショップのコンサルティングはこちら