多くの顧客に自社サイトを見てもらうためには、検索流入数を増やすことが大切です。
しかし、ときに「検索サイトで検索しても、自社サイトが見つからない!」といった状況に悩まされるケースがあります。
一刻も早く対処したいところですが、原因はいったいどこにあるのでしょうか?
検索結果に表示されるために、実践するべき5つの手順と注意点を解説します。

検索に引っかかるためにはGoogleにホームページを見つけてもらう必要があります

「検索に引っかかる」というのは、「検索窓に特定のキーワードを入れた際に、その結果ページに自社サイトを反映してもらう」状態を示します。実はこれ、いつでも瞬時に情報が反映されるわけではありません。
Googleの検索システムに検出されるためには、まずGoogleのシステムに、自社サイトの存在を知ってもらう必要があります。 Googleのシステムは、常にインターネット上を見張っていて、新しいサイトを見つければ、すぐに情報を反映するようプログラムされています。
しかし結果が反映されるまでに、少し時間がかかってしまうケースもあり、こんなとき「サイトを作ったのに検索で表示されない!」といったお悩みを感じがちです。
ビジネスにおいては、一刻も早く成果につなげていきたいところ。
Googleに見つけてもらうのをただ待つのではなく、自分から見つけてもらうためのテクニックを実践しましょう。

Googleにホームページを見つけてもらう為に実施すべきこと

自社サイトを見つけてもらうために実施したいのは、以下の5ステップです。 順番にチェックしていきましょう。

GoogleSearchConsoleに登録する

GoogleSearchConsoleとは、Googleが無料で提供しているツールです。
これを使うことで、利用者はGoogle 検索結果でのサイトの掲載順位の監視や管理・分析が可能となります。まずはこちらに登録しましょう。

登録方法は簡単で、GoogleSearchConsoleのページを開いたら、Googleアカウントでログインします。
まだGoogleアカウントを保有していない場合は、アカウント登録からスタートしましょう。

無事にログインできたら、サイト情報を登録します。
「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2種類があるので、状況に合わせて選択してください。
「ドメイン」の場合、サブドメインも含め一括での登録が可能ですが、所有権確認がDNSのみとなり、多少時間がかかります。
「とにかく素早く作業を進めたい」という場合は、「URLプレフィックス」がおすすめです。

すでに以下のアカウントを所有している場合、所有者確認は自動で行われます。

  • GoogleAnalytics
  • GoogleTagManager

自動で行われない場合、別の方法で所有権確認を終えましょう。いくつかの方法がありますが、おすすめは以下の2つです。

  • トップページのHTMLにサイト認証タグを追加する
  • サイト認証用のHTMLファイルをウェブサイト上にアップロードする

どちらも簡単にできる方法なので、SearchConsole上の説明に沿って作業してください。

GoogleAnalyticsの利用を検討している場合、先にそちらの登録を済ませ、所有権の確認を済ませるのもおすすめです。
他にもいくつかの方法がありますから、好きな方法を選択可能です。

GoogleSearchConsoleから「URL検査」を行う

こちらは、Googleシステム側にサイトが登録されているかどうかを調べるためのステップです。
GoogleSearchConsoleへの登録が終わったら、こちらも忘れずに実施しておきましょう。

最初にGoogleSearchConsoleの左メニュー「URL検査」をクリックしてください。
サイト上部のボックスに対象URLを入れ、検索します。
「登録されていない」という結果が出たら、「インデックス登録をリクエスト」を選択します。
これでGoogle側にクロールのリクエストを行えます。

GoogleSearchConsoleからサイトマップを登録する

サイトを素早くインデックスさせるためには、SearchConsoleへのサイトマップの登録も有効です。 これによって、サイト全体のインデックスをスピーディーに行えます。 左メニューの「サイトマップ」から、「新しいサイトマップの追加」を選択しましょう。 URLを入力し送信すれば、サイト全体がどのような構成になっているのか、Google側にわかりやすく伝えられます。 サイトマップの作成はやや複雑なので、専用ツールを利用するのがおすすめです。 プロのような専門知識がなくても、誰でも簡単にサイトマップを作成できます。

既にGoogleに認知されている自社別サイトなどからリンクを貼る

Googleのシステムは、ウェブサイトからウェブサイトへ、リンクをたどることによって、新しい情報を発見していきます。 自社が管理する別サイトからリンクを貼れば、その道筋を作ることができます。 ただし、外部リンクの購入や不正なリンク数増加はペナルティの原因に。 リンク数を増やすことだけを目的にしないようにしましょう。

キーワードがホームページ内、titleなどに含まれているか確認

検索機能は、入力されたキーワードによって働いています。 そもそもキーワードがホームページやtitleに含まれていなければ、検索結果に反映されません。 基本的な事項ではありますが、このタイミングで再確認しておきましょう。 またGoogleに認識されていても、ライバルが多く、最初の数ページに表示されないケースも少なくありません。 「検索システムに引っかかっている」ことが確認できたら、次は順位を上げるための対策を実践しましょう。

robots.txtnoindexの記述に注意!

ウェブサイト作成段階では、「検索システムに見つからない方が、都合が良い」という方も多いのではないでしょうか? 検索サイトで引っかからなければ、公開前の情報流出を防げます。 このような場合に使用するのが、システムに見つからないようにするための専用ファイル・タグです。 専用ファイル・タグは、役目を終えた段階で外す必要がありますが、忘れられてしまうことも。 もちろん検索結果に反映されないので、気を付けましょう。

注意したいファイル・タグは

  • robots.txt
  • noindex

2種類です。

robots.txtは、検索されたくないサイトをシステム側に伝える役割を担っています。 サイト内にrobots.txtがないかどうか、検索してチェックしてみましょう。
noindexタグはインデックス予防のためのタグですが、WordPressでサイト制作した場合にトラブルに見舞われやすいです。 WordPressの管理画面「設定」より、「検索エンジンでの表示」欄を確認します。 「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」部分にチェックが入っていると、検索結果に表示されません。 チェックを外しておきましょう。

これらの設定を長時間放置しておくのは危険です。 問題に気付き、あらゆる対策を施しても、SEOの効果を発揮しづらくなってしまいます。 サイト制作が完了したら、今一度複数人でチェックするなど、一層の注意が必要です。

どうしても検索結果に表示されない時は、MPHにご相談ください。

検索結果に表示されないということは、サイト制作→検索結果の表示までのどこかの過程で、何らかのトラブルが生じていると考えられます。 多くの場合、今回紹介した対処法で問題解決できるはずですが、なかには難しいケースもあります。 以下のような場合は、自力で対処するよりも、SEOのプロの手を借りた方が良いでしょう。

  • タグやコードなど、基本的な情報がわからない
  • 説明の内容が理解できない
  • 単純に「表示されれば良い」というわけではなく、上位表示を狙いたい
  • 2~3週間経過しても状況が改善しない
  • ある日突然表示されなくなってしまったが、原因がわからない

私たちMPHは、SEO対策のプロです。

お困りごとをご相談いただければ、「なぜ検索サイトに情報が反映されていないのか?」をプロの目で突き止めた上で、お客さまそれぞれに必要な対策を施します。 スピーディーな対応を心掛けておりますので、悩んだときでも安心してご連絡ください。 インターネットビジネスの世界は、スピードが命です。 検索結果に表示されないということは、非常に多くのチャンスを逃しているということ。 ぜひ早めの対処を心掛けましょう。 お客さまのサイト制作は、私たちMPHがサポートいたします。

>SEOコンサルティングサービス詳細はこちら

>お問い合わせはこちら