MPHの経営に役立つWebコンサルティングコラム

Webコンサルティングコラム
経営目線でのWeb戦略について発信しております。

Bingウェブマスターツールの登録方法と使い方について解説

地方でのWEB集客方法

検索エンジンといえば、Googleが圧倒的なシェア率を誇っていますが、Microsoftが提供しているBingは、Yahoo!に続いて日本での利用者数が3番目に多い検索エンジンです。

Bingは、Amazon EchonやiPhoneの音声アシスタント機能において検索エンジンとして採用されており、近年その需要に対する関心が高まっています。
そして、Bing特有のSEO対策が行える無料のアクセス解析ツールが、Bingウェブマスターツールです。

本記事では、BingのSEO対策に必要なBingウェブマスターツールの登録方法と使い方について詳しく解説します。

Bingウェブマスターツールとは?

Bingウェブマスターツールとは、Microsoftが無償で提供しているアクセス解析ツールです。Googleが提供しているサーチコンソールと同じような機能があるツールで、所有するサイトの状況を細かく分析することができます。

検索エンジンとしてはまだまだシェア率が低いBingですが、SiriやAmazon Echonという音声認識システムにおいては積極的に採用されています。今後、音声認識システムを利用しての検索は増えていくと考えられるため、Bingのシェア率は伸びていく可能性が高いでしょう。

またMicrosoftが提供しているBingは、Windowsに組み込まれたブラウザであるMicrosoft Edgeのデフォルトの検索エンジンです。設定を変更すればお好みのブラウザを利用できますが、変更しない限りはBingを利用することになります。

仕事や日常生活において、パソコンを使用する企業や年齢の幅は年々広がっています。セキュリティ面から設定の変更を認めていない企業や、変更を面倒と感じる年齢層からのBing流入も、今後一定数見込めると考えられます。そのため、Bingに対するSEO対策は今から始めておくことが重要なのです。

以上より、Bingでの検索結果を上位に表示させたいと考えている方には、Bingウェブマスターツールの登録をおすすめします。

Bingウェブマスターツールの登録方法

Bingウェブマスターツールの登録方法は以下の流れになります。

  • Bingウェブマスターツールにアクセス
  • サインイン
  • webサイトを登録
  • サイトの所有者を確認する

Bingウェブマスターツールの登録には、Microsoft・Google・Facebookのいずれかのアカウントが必要です。いずれのアカウントもお持ちでない方は、先にアカウントの作成を行っておくと登録がスムーズでしょう。

それでは、各項目を詳しく説明していきます。

Bingウェブマスターツールにアクセス

Bing ウェブマスターツール」の検索を行い、公式サイトへアクセスします。

サインイン

公式サイトへアクセスできたら、「始める」もしくは右上にある「サインイン」をクリックします。
始めるもしくはサインインをクリック

クリックすると、Microsoft・Google・Facebookのいずれかのアカウントでのサインインを求めるウィンドウがポップアップ表示されます。ここで登録したアカウントへ連絡が届くため、よく利用しているアカウントを選択すると良いでしょう。
いずれかのアカウントでサインイン

Webサイトを登録

次に、自分のサイトを登録していきます。登録方法は、下記の2つの方法があります。

  • Googleサーチコンソールからインポート(Googleアカウントでサインインした場合)
  • 自分のサイトを手動で追加

Googleサーチコンソールからインポート
Googleアカウントでサインインし、Googleサーチコンソールに既に登録済みのサイトであれば、インポートすることで登録できます。
必要な情報を自動で読み込んでくれる為、入力の手間がなく、ボタンのクリックのみで簡単に登録が完了するでしょう。

全ての登録を完了することができるので、インポートしてサイトを追加するのであれば、ここで登録作業は終了です。GoogleアカウントがありGoogleサーチコンソールに登録済みのサイトは、こちらの方法がおすすめです。

自分のサイトを手動で追加
Googleサーチコンソールに登録していないサイトは、手動でサイトを追加する必要があります。

登録したいサイトのURLを入力して追加ボタンをクリックします。手動で追加する場合、サイトの所有者を確認する必要があるため、次のステップに進んでください。

サイトの所有者を確認する

手動でサイトを追加する場合には、以下に挙げる3つの方法のいずれかによりサイトの所有者を確認する必要があります。

  •  XMLファイルのアップロード
  •  HTMLメタタグを追加
  •  CNAMEレコードをDNSに追加

いずれかの作業後、「サイトの追加に成功しました」というメッセージが画面表示されれば登録完了です。

XMLファイルのアップロード
XMLファイルをダウンロードして、自分のサイトのルートディレクトリにファイルをアップロードしてください。

HTMLメタタグを追加
<meta>タグをコピーして、自分のサイトのホームページに貼り付けます。
このタグは<head>セクション内に貼り付ける必要があります。

CNAMEレコードをDNSに追加
上級者向けの方法で、ドメインのCNAMEレコードを編集し手動で追加します。

Bingウェブマスターツールの使い方

Bingウェブマスターツールの使い方

Bingウェブマスターツールには、様々な機能が備わっています。
よく使用する機能は、以下のものです。

  • サイトマップ送信
  • インデックス登録
  • 検索パフォーマンス確認
  • 流入キーワード調査
  • SEOレポート確認
  • モバイルフレンドリーテスト

それでは、使い方を解説していきます。

サイトマップ送信

サイトマップとは、サイト全体のページ構成を地図のように記載したページです。
サイトマップを送信することで、サイト内の各ページへのクロールが促進され、サイトが検索エンジンにインデックスされやすくなります。

Bingは、Googleよりもインデックススピードが遅いようですので、設定しておくことがおすすめします。

インデックス登録

インデックス登録がされていないのであれば、インデックス登録の申請が可能です。

メニューの「URL検査」から、インデックス登録したいURLを入力し送信してください。こちらはあくまでもインデックス登録の申請です。必ずインデックス登録されるというものではありませんのでご注意ください。

検索パフォーマンス確認

検索パフォーマンスでは、Bing検索エンジン上での自分のサイトのパフォーマンスを確認することができます。

一覧で確認できるのは以下の項目です。

  • インプレッション:サイトが表示された回数
  • クリック数:サイトがクリックされた回数
  • CTR:表示回数に対するクリック数の割合
  • 平均の位置:キーワードでの平均掲載順位

流入キーワード調査

流入キーワード調査は、Bingで検索されたクエリ数を確認することができます。
一度調べたキーワードは履歴に一定数保存され、クリックするとすぐに見られるようになります。

SEOレポート確認

SEOレポートでは、サイトのSEO対策の状況を一覧で確認することできます。登録したサイトの各ページをスキャンし、エラーがある場合はSEO修正候補として自動で案内してくれます。

SEO修正候補としてあがってきた項目をクリックすると、エラー改善のために推奨される操作が提示されます。エラーが発生した際に即座に適切な対処ができるため、SEO対策に慣れていない方にとっては便利な機能といえるでしょう。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテストは、ページがスマホに対応しているかを確認し、閲覧に問題ないかをチェックするツールです。

モバイルフレンドリテストのページでチェックしたいページのURLを入力し、解析ボタンをクリックすると解析が始まります。解析が終わると結果が表示され、問題がある場合は問題点が提示されます。

モバイルからのウェブへのアクセス数は増加傾向にあるため、ウェブサイトをモバイルフレンドリにすることによりパフィーマンスが高まることが期待できます。

モバイル対応は検索順位に大きく影響するものではないといわれますが、できればしっかりと対応することをおすすめします。

Bingウェブマスターツールを活用したSEO対策ならMPHへ

本記事では、Bingウェブマスターツールの登録方法と使い方について詳しく解説しました。

検索エンジンBingは今後の成長が期待できる検索エンジンです。ターゲットとなるユーザーが、iPhoneユーザーや音声認識システムの利用者である場合は、今後Bingからの流入が拡大する可能性が考えられます。

今後の集客へと繋げたいのであれば、SEO対策をするために必須となるBingウェブマスターツールへの登録がおすすめです。検索エンジンの進化により、その都度SEO対策のアップデートも必要とされ、その難易度はこの先ますます高くなると考えられます。

SEOに関して「何をしたら良いのか分からない」「なかなか成果がでない」などのお悩みがございましたら、弊社の専門スタッフが貴社のサイトを分析し、改善のために最適なご提案します。

ぜひ、幅広い知識や情報を提供することができるMPHへお気軽にご相談ください。

MPHへのお問い合わせはこちら

WEBを活用して業績UPをされたい皆様
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
受付 / 9:00~18:00定休日 / 土日祝
24時間受付けのお問い合わせ・ご依頼はこちら
公式LINE 登録特典 Webマーケティング改善チェックリスト配布中
【SEO対策コンサルティングサービス紹介】資料請求(無料)はこちら!

本資料では、主に以下について掲載しています。
・MPHの事業紹介
・サービス一覧
・SEO対策コンサルティングサービスの概要
・SEO対策コンサルティングにおけるサポート実績

詳しくはこちらから