MPHの経営に役立つWebコンサルティングコラム

Webコンサルティングコラム
経営目線でのWeb戦略について発信しております。

BingのSEO対策の方法は?Googleとの違いやインデックスされない時の対処法について

BingのSEO対策の方法は?Googleとの違いやインデックスされない時の対処法について

「検索エンジンごとにSEO対策は必要?」
「BingのSEO対策はGoogleと一体何が違うのか?」
このように考えている方が多いのではないでしょうか。

検索エンジンといえば、GoogleやYahoo!が一般的かもしれません。ChatGPTの導入によりMicrosoft社が提供するBingも注目されています。よりアクセスを獲得するためにはBingについてもSEO対策を行いましょう。

本記事では、BingのSEO対策についてGoogleとの違いについて解説します。また、インデックスされない時の対処法などについても解説しますので、ぜひご一読ください。

検索エンジンのBingとは?

検索エンジンのBing(ビング)とは「Microsoft Bing」のことで、アメリカのMicrosoft社が提供しています。米国版は2009年に、日本版は2010年に正式にリリースされました。

Microsoft社はBingについて、「利用者の意思を決定する次世代の検索エンジン」と評価しています。ユーザーが何を知りたいか素早く判断し、見やすく、知りたいことに合わせた検索結果を提供するために開発されています。

どのブラウザからも利用でき、Microsoft社が運営する「MSN Japan」というポータルサイト上の検索機能としてBingが使用されています。

話題のchat gptをBingが導入

Microsoft社は、Bing にOpenAI「ChatGPT」導入することを発表しました。検索エンジン利用時、複雑な質問をしてもAIがスピーディに対応可能なのが大きなメリットです。

検索用にカスタマイズされた「GPT-4」が用いられており、高度な推論能力を備えています。OpenAIがGPT-4などのアップデートを行うとBingにも反映されるので、どんどん性能がアップしていくでしょう。

無料版のChatGPTを試した方の中には、2021年までの情報から回答してくるので情報の正確性が気になる、という方もいるでしょう。しかし、Bingに搭載されているAIは、自社の検索エンジンを用いて情報を収集し、情報源の提示もしてくれるので、無料版のChatGPTよりも正確性に優れているといえます。

また、ChatGPT有料版にはBing検索が導入されています。今後は無料ユーザーも利用できるようになる見込みで、Web上にある最新の情報をChatGPTで活用可能になるでしょう。

BingのSEO対策は必要?国内・国外のシェアについて

BingのSEO対策はもちろん必要ですが、GoogleのSEO対策をしておけば、ほぼ問題はありません。

実際、世界における検索エンジンのシェア率には圧倒的な差があり、Googleが約92%、Bing約2.4%、Yahoo!は約2.3%です。国内においても、Googleが約75%、Bingが約2.4%、Yahoo!が2.2%となっております。国内・国外ともにGoogleのシェア率が際立っており、Bingの利用者は少ないのがわかります。

それでもBingのSEO対策をすべき理由は、MicrosoftのOSのMicrosoft Edge(Windows10の主要ブラウザ)の検索エンジンに、Bingがデフォルトで組み込まれているためです。特にPC初心者は、設定を変更しなければ自然とBingを利用することになり、Bingユーザーは存続し続ける可能性があるのです。

また、アメリカにおいてはBingの利用割合が日本より2倍ほど多いということや、Googleだけに依存することは大規模な仕様変更があった場合に影響が大きい可能性もあります。

最終的には、GoogleのSEO対策の方が圧倒的にシェア率も高く効率的に集客できるため、大きな見込みがあるのは事実です。しかし、BingのSEO対策ができていれば、さらに多くのターゲットユーザーを検索から引き寄せられるというわけなのです。

BingとGoogleのアルゴリズム・SEO対策の違いはどこにある?

「Bing Webmaster Guidelines」には、検索エンジン最適化のスターターガイドとして、Bingの検索アルゴリズムの検索ランキングの要素が記載されています。

Bingの検索アルゴリズムは、「関連性」「品質と信頼性」「ユーザーエンゲージメント」「鮮度」「場所」「ページの読み込み時間」の6つを念頭に置いて対策を進めますが、基本的にGoogleと類似しています。

しかし、BingとGoogleの検索順位に違いがあるということは、Bing独自の検索アルゴリズムがあるということです。次のような点に違いがあるので、確認してSEO対策を進めましょう。

キーワードとタイトルの関連性の一致率を重視
記事内容と検索クエリの意図との一致を重視しているので、キーワードの意図とタイトルの関連性をできるだけ一致させる必要があります。

サイト全体よりも個のページの質を重視
ドメインパワーの評価がGoogleより低く、そこまで重視されていないので、ロングテールのキーワードを狙うのがおすすめです。

CTR(クリック率)がランキングの要素
CTR(クリック率)は、Googleにおいて明確なランキング要素ではありません。しかし、Bingではユーザーエンゲージメントに加わり、ランキングの要素になっているので、対策しておきましょう。

「コンテンツ」「リンク」「ソーシャル」が重要な要素
BingではSNS上の情報が重要視されていて、SNSで影響力のあるアカウントを持っていればSEO対策になります。SNSを利用し、より多くのユーザーに高品質なコンテンツとして共有してもらうことが大切です。

例えば、Twitterでは「ツイート数」「リツイート数」なども検索順位を左右するといわれます。有益なホームページは自然とSNSでも拡散されるものと捉えているためです。

基本的にユーザーの利便性を考慮したコンテンツの提供
Googleに限らず、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツの提供はSEO対策をするには必要です。明確・ユニーク・高品質・関連性があり、見つけやすいコンテンツを作成しましょう。

BingのSEO対策を行う上でのポイント

BingのSEO対策を行う上でのポイント

BingのSEO対策を行うには、「Webmaster Tools」を利用しましょう。

Webmaster Toolsは、「Google Search Console」(インターネット検索の分析ツール)のBing版です。主に次のような機能があります。

  • バックリンク(サイトリンク情報の分析)
  • キーワードリサーチ(検索者が実際に検索するキーワード)
  • SEOレポート(Webサイトエラーの検出)
  • サイトスキャン(サイトをクロールしSEO上の問題有無を確認)

まずはBingのWebmaster Toolsに登録し、Microsoftアカウント作成や、WebサイトURLを追加しましょう。その後、管理画面からサイトマップを送信するだけで開始できます。Bingの検索エンジンで認識されていなかったウェブページがインデックスされるため、インデックス数が増加し、Bingからの検索流入の拡大につながるのです。

Bingにインデックスされない場合の対処法

更新した記事が数日間インデックスされないことや、最初インデックスされて上位表示になっていた記事でも突然インデックス削除となり消えてしまうことがあります。その場合、注目すべきなのが下記です。

  • Webmaster Toolsに登録しているか
  • クロールに問題がないか
  • 被リンクがないか
  • クローラーをブロックしていないか

まず、新規サイトでまだクロールされていない可能性があります。その場合、BingのWebmaster Toolsにて「サイトマップ」「URLの送信」該当のURLを入力・送信して、Webサイトのスクロール、インデックス登録を促進できますWebサイトをいかに早く発見してもらいやすい状態にできているかがBingのSEO対策として重要です。

「URLの送信」の機能は、主に新規ページの公開時に使います。もし数カ月たってもインデックスされていない場合は、別の問題の可能性も考えられます。

何か問題が発生し、その問題が何度も起こるとインデックスにふさわしくないと認識されます。ペナルティを受けている場合はWebmaster Tools上で通知がありますので、著作権に関する削除などに該当していないか、Bingが定めるクオリティの基準を満たしたコンテンツになっているかどうかも再確認してみてください。

また、クローラーはリンクから巡回してくるため、被リンクがないとクローラーが自分のサイトに来ない可能性があります。Bingでは、被リンクについて量より質を重視する傾向があります。数百のリンクよりも、質の高いサイトからリンクを1つもらうことに価値があるのです。

他には、設定ミスでrobot.txtがクローラーをブロックしている場合や、「サイトをインデックスしない」項目にチェックをしている場合、Webmaster ToolsでURLをブロックしていることもあります。これらは最初にチェックしておいた方が良いでしょう。

Bingを始めとした、各種検索エンジンのSEO対策はMPH

本記事では、BingでのWebmaster Toolsの導入や、インデックスされない時の対処法などについて解説しました。初めてのSEO対策を行う場合には、理解するのに時間がかかってしまうかもしれません。

BingのSEO対策はGoogleに比べると重要視されることが少なく、基本的にはGoogleのSEO対策を優先して行うことになります。しかし、Webサイトのアクセス数をさらに増やすためにBingのSEO対策に配慮が必要になることも。

東京のSEOコンサルティング会社MPHは、SEOに詳しく、自社サイトの現状分析、課題分析、SEO施策の提案までのサポートも充実しております。他にもマーケティング目的の見直し、施策立案、実行などの丁寧なサポートをご提案します。

SEO対策をしてさらに検索流入を増やしたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

WEBを活用して業績UPをされたい皆様
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
受付 / 9:00~18:00定休日 / 土日祝
24時間受付けのお問い合わせ・ご依頼はこちら
公式LINE 登録特典 Webマーケティング改善チェックリスト配布中
【SEO対策コンサルティングサービス紹介】資料請求(無料)はこちら!

本資料では、主に以下について掲載しています。
・MPHの事業紹介
・サービス一覧
・SEO対策コンサルティングサービスの概要
・SEO対策コンサルティングにおけるサポート実績

詳しくはこちらから