コミュニケーションアプリの「LINE」は、日本国内で約8,600万人もの月間利用者数(2020年9月時点)を誇る人気のツール。そして、LINEを使っている人に向けて広告を配信するサービスが「LINE広告」です。

LINE広告は、さまざまな種類の画面に広告を載せられるうえ、ターゲットに近い顧客へアプローチできるよう、豊富な配信機能を用意しています。

この記事では、LINE広告を使ってできることを詳しく解説します。後半では活用事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

利用者数などのソース(LINE広告公式HP)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/

LINE広告とは?

LINE広告は、LINEユーザーに向けて広告を配信するサービスです。LINEをよく利用する人なら、トーク一覧の上部やタイムラインの中で、見かけたことがあるのではないでしょうか。

LINEはトーク機能に加え、LINEマンガ・LINE NEWS・ウォレットなどのサービス展開が多いことが特徴です。老若男女問わず幅広い年齢層が利用しており、その多くが毎日LINEを使っています。

そのため広告を見てもらえる可能性が高く、Twitter・Instagram・FacebookなどほかのSNSを使っていない人へも、アプローチできるといったメリットがあります。

さらにLINE広告は、ユーザーの年齢・性別・行動履歴などの膨大なデータをもとにターゲットの設定ができるため、より成約度の高い顧客へ情報を届けられます。

企業に限らず個人もLINE広告を利用でき、オンラインで申込可能なので、初心者でも気軽に始められるでしょう。

LINE広告の種類にはどんなものがある?

LINE広告で配信される画面は、以下のとおりです。

  • トークリスト
  • タイムライン
  • LINE NEWS
  • ウォレット
  • LINEマンガ
  • LINEポイント
  • LINE BLOG
  • LINEチラシ
  • LINEクーポン
  • LINEマイカード
  • LINEショッピング
  • LINE広告ネットワーク

トークリスト

トーク一覧の、最上部に広告が表示されます。トーク機能は、LINEユーザーが最も多く利用するため、とくに目につきやすい場所です。大々的に宣伝したいときに役立ちます。

また、2020年1月から、1日1社限定で動画広告を配信できる「Talk Head View」というサービスが開始されました。静止画の広告をクリックすると、大きな画面が表示されて動画広告が流れるため、よりインパクトのあるアプローチができます。

タイムライン

タイムラインはTwitterやFacebookのように、自身の近況を文章や画像などで発信する機能です。友だちの投稿に混ざって広告が表示されます。

タイムラインの閲覧者は月間6,800万人を超えており、その中で広告を1回以上クリックする人は約4,900万人です。(2019年8月時点)

とくに女性を中心とした、10代~60代の利用者へ情報を届けられます。

LINE NEWS

LINE NEWSは、エンタメ・経済・スポーツなど国内外のあらゆる情報を紹介するサービス。月間約6,800万人が利用しています。LINE NEWSのトップページや、記事の一覧、340種類以上の各メディアの記事一覧に広告の表示が可能です。

LINE NEWSのユーザーは、商品やサービスなどの情報を積極的に収集する傾向があるため、新商品発売などの新鮮な情報を載せるのに向いています。

ウォレット

ウォレットでは、送金・スマホ決済の「LINE pay」を始め、お金の管理に役立つサービスを利用できます。

月あたりの利用者数は5,400万人以上(2020年2月時点)。女性のユーザーが多く、10代~50代の人からよく利用されています。

マンガ

電子コミックサービスのLINEマンガは、スマホで気軽にマンガを読めるサービスです。

LINEマンガアプリのダウンロード数は約2,300万人を超え(2019年8月時点)、10~30代を中心に利用されています。そのため、若年層をターゲットにした商品やサービスの宣伝に適しています。

LINEポイント

LINEポイントは、友だちの追加や動画の視聴といった条件をクリアすると、ポイントが受取れるサービスです。

貯まったポイントは、LINE payでお買物代金として使ったり、LINEスタンプの購入代金に充てたりと、多くのシーンで使えます。

LINEポイントの利用者は女性が多く、その半数を占めているのが40~50代。中高年向けの情報を提供すると、ヒットしやすいでしょう。

LINE BLOG

ブログを投稿できるサービスで、芸能人をはじめ2,500組以上の公式ブロガー(2019年2月時点)が活用しています。

ユーザーは男女比率3:7で女性が多く、約7割を20~40代が占めています。

LINEチラシ

デジタルチラシを閲覧できるサービス。自宅や勤務先の住所を設定しておけば、近隣のスーパーやドラッグストアなどのチラシをチェックできます。

LINEチラシの月間の利用者数は5,600万人(2020年2月時点)です。お得な情報に敏感なユーザーが多く、これから商品を購入する予定の購買意欲が高い人に情報を届けられるといったメリットがあります。

LINEクーポン

LINEクーポンでは、スーパー・コンビニ・ファストフード店・居酒屋など、全国約5万店舗のお店で使えるクーポンを配信しています。クーポンの表示画面を提示するだけで、割引などの特典を受けられます。

「なるべくお得に商品を購入したい」という人が利用するため、広告への反応も期待しやすいでしょう。LINEクーポンのユーザーは女性が7割を占めており、幅広い年齢層が使用しています。

LINEマイカード

TカードやPontaカードといった、お店のポイントカードや会員カードを、LINEアプリの中で一括管理できる機能です。カードを財布に入れて持ち歩いたり、お店ごとのアプリを管理したりする手間を省けます。

男女問わず、10~50代の幅広い世代に愛用されています。

LINEショッピング

LINEショッピングでは、日用品やファッションアイテムをはじめ、250社以上の商品を購入できます。ユーザー数は3,000万人以上(2019年9月時点)。とくに女性の比率が高く、20代後半~40代前半が全体の7割以上を占めています。

ネットで商品を購入するのに慣れた人が多いため、広告クリック後の成約につながりそうな人へ、情報提供できるところが利点です。

LINE広告ネットワーク

LINE広告はLINEアプリ内に限らず、外部アプリへも広告の配信が可能です。代表的なアプリは、クラシル・DELISH KITCHEN・トクバイ・lifebareなど。LINEが扱うジャンルを超えて、さまざまなアプリの利用者に広告を配信できます。

LINE広告の配信機能と仕組み

商品をおすすめしたい顧客に広告が表示されるよう、以下の6つの配信機能を活用して、ターゲットの設定ができます。

  • デモグラフィックデータ配信
  • オーディエンス配信
  • リエンゲージメント配信
  • 友だち追加
  • 自動最適化配信
  • 予告型広告

デモグラフィックデータ配信

商品情報を届けたい人の、年齢や地域などを細かく設定して配信する方法。設定できるのは、以下のような項目です。

  • 性別…男性か女性の選択が可能です。
  • 年齢…「25~29歳」や「40~44歳」などのように、年齢を区切って配信できます。なお、設定可能な最小年齢は「14歳以下」、最高は「50代以上」です。
  • 地域…24都道府県のほか、市区町村や特定のエリア指定もできます。
  • 属性…配偶者や子どもの有無、使用している携帯キャリアなどを指定できます。
  • 興味…18種類の項目の中から選択可能。たとえば、ゲーム・家電・ファッション・
    インテリア・美容コスメ・金融・健康などがあります。

狙ったユーザーへピンポイントで配信されるので、興味を引いてもらいやすいという利点があります。

LINE広告の配信機能と仕組み

オーディエンス配信

自社で顧客データを保有している場合、そのデータをもとにLINE内に同じ顧客がいないか探し出して、アプローチする方法です。

たとえば、過去に購入した商品の広告を表示して、リピート購入を促せます。

LINE公式アカウントの友だちオーディエンス配信

LINE公式アカウントを友だち登録した人に向けて、オーディエンス配信を行なう機能です。

LINE公式アカウントを「ブロックしている人」と「有効な人(ブロックしていない人)」ごとに、ターゲットを設定できます。

類似配信

商品の購入に至った顧客と、同じような行動履歴をもつ人をLINE内で探し、広告を配信する方法です。

たとえば、「過去3か月以内に商品を買った」「月5,000円以上、商品を購入している」のようにターゲットを絞り、それぞれに適した広告を表示します。

リエンゲージメント配信

アプリのダウンロード後、一定期間利用していない人に対して、再び利用してもらえるように広告を配信します。

アプリ内で「過去に商品を購入した」「商品情報を閲覧したことがある」といった行動履歴ごとに、ターゲットを設定できます。

友だち追加

自社のLINE公式アカウントを登録してもらえるよう、広告でアピールする方法です。

トークリスト・タイムライン・LINE NEWSへ広告を配信し、友だちへの追加を促します。友だち追加したときのみ費用が発生するので、低コストで始められます。

自動最適化配信

自動最適化配信とは、必要以上にコストをかけずとも成果を出せるよう、機械学習を活用して自動的に広告を入札するしくみです。

目標とする費用負担を設定し、その範囲内で達成できるよう調整が行なわれます。

※広告の入札とは
広告は、主にユーザーが広告をクリックするときに費用が発生します。

広告を出す際、広告主は自社の広告を表示するうえで狙うキーワードを決め、次に1度のクリックでいくらの費用を支払うのかを設定します。この、クリック時の費用を決めて、設定する工程を「入札」といいます。

同じキーワードで広告を出稿したい人がいる場合、より入札価格が高く広告の質が高いものが上位に表示されるしくみです。

予告型広告

配信する画面や期間を事前に決めて配信する広告です。以下の機能を利用できます。

  • リーチ&フリークエンシー
    タイムラインに表示された広告を、月に1回以上クリックした人へ配信します。
  • ブランドリフトサーベイ
    リーチ&フリークエンシーに加え、広告クリックの有無で分類分けし、ブランドリフト調査を行なう機能です。ブランドリフト調査とは、広告をクリックした人としなかった人を比較し、クリックした人の購買意欲やブランドに対する認知度が、どのくらい向上したかを調べることを指します。

LINE広告の課金方法

LINE広告の課金方法は、以下の3種類です。

  • クリック課金
  • インプレッション課金
  • 友だち追加課金

LINE広告の課金方法

クリック課金

広告をクリックし、リンク先のサイトを開いたときに費用が発生するタイプです。クリックしない限り、何度表示されても費用が発生しません。

インプレッション課金

動画広告に使われる課金方法です。ユーザーが広告をクリックし、動画を完全に表示させたときに費用が発生します。

インプレッションとは、スマホ画面に動画枠が100%表示されている状態です。表示が99%以下の場合はインプレッションとして計算されず、費用がかかりません。

友だち追加課金

主に静止画に用いられる方法で、ユーザーが広告を通して、広告主のLINE公式アカウントを友だち登録した際に費用が発生します。

LINE広告の始め方

LINE広告の出稿は、すべての手続きがネット状で完結します。手続きの流れは、以下の6ステップです。

  1. LINE Business IDの発行
  2. 広告アカウントの作成
  3. クレジットカードの登録
  4. メディアの登録とLINE tagの設定
  5. 配信の設計
  6. 審査後に配信開始

➀LINEビジネスIDの発行

はじめに、LINEビジネスIDを発行します。

LINEアカウントか、メールアドレスのどちらかで登録できます。LINEの公式サイトでは、メールアドレスでの登録が推奨されています。

➁広告アカウントの作成

LINE広告の専用アカウントを作成します。

宣伝したい商品やサービスごとに、商品名・企業名・公式サイトのURLなどの詳細情報を登録します。

➂クレジットカードの登録

広告費用などを支払うクレジットカードを登録します。クレジットカードの番号や有効期限などを入力しましょう。

➃クリエイティブ登録とLINEタグの配置

作成した広告クリエイティブを、アップロードします。ちなみに広告クリエイティブとは、広告用に作成した素材のことです。

次にLINEタグを配置します。タグは以下の3種類です。

  • ベースコード
    ユーザーの行動を測るコード。広告アカウントごとに取得する必要があり、計測する全てのページに配置します。
  • コンバージョンコード
    コンバージョンを計測するページに配置します。
    コンバージョンとは、ユーザーが広告をクリックしたあと、広告主の目標としている行動(商品購入など)に至った状態です。
  • カスタムイベントコード
    広告主が、ユーザーをラベリングするためのコードです。

➄配信の設計

キャンペーン名や掲載期間などの基本情報、ターゲットの設定、課金タイプや入札方法などを設定します。

⑥審査後に配信開始

広告の審査が行なわれ、通過した場合に広告配信が開始されます。審査には10営業日程度の時間を要します。

LINE広告が実施できない業態・業種

以下の業種に該当する場合、LINE広告を利用できません。

LINE広告が実施できない業態・業種

  • 宗教関連
  • エステ(LINE側から認められた場合を除く)
  • ギャンブルやパチンコ(国営競技や公営くじは可)
  • アダルト関連
  • 出会い系やマッチングサイト(LINE側から認められた場合を除く)
  • 連鎖販売取引
  • 探偵業
  • たばこ(電子タバコを含む)
  • 武器全般や毒物劇物
  • 政党
  • 公益法人、NPO、NGO、社団法人(LINE側から認められた場合を除く)
  • 生体販売
  • 美容整形、医療関連(ホワイトニングを含む)、クリニック、疾患啓蒙サイトなど(LINE側 から認められた場合を除く)
  • 整骨院、接骨院、鍼灸院など
  • 未承認医薬品
  • 医療機器など
  • 貸金業(消費者金融も含む)、質屋(LINE側から認められた場合を除く)
  • ネット関連ビジネス(情報商材、自己啓発セミナーなど)
  • 募金、寄付、クラウドファンディングなどの資金調達(LINE側から認められた場合を除く)
  • そのほか、LINE側が不適切と判断したもの

アルコール類やコンタクトレンズ、公営ギャンブルの広告配信は可能ですが、特定の文言の記載や、避けなければならない言葉などの注意点があります。

LINE広告に適した業種とは?

LINE広告と相性の良い業種を2つ紹介します。

コスメや健康食品

LINEは女性ユーザーが多いサービスが豊富なので、メイクやスキンケア用品との相性は抜群です。

また、ダイエットに敏感な若年層から、体型や健康が気になりだす40~50代も多く利用しているため、ダイエット系の商材や健康食品もマッチしやすいでしょう。

ゲームやコミック関連

20~30代の比率が高いため、ゲーム類やコミック配信サイトといった、若年層が関心を持ちやすい商材が向いています。

LINE NEWSやタイムラインをチェックするのと同じように、ゲームやマンガもすきま時間で楽しめます。「移動中や待ち時間を楽しく過ごしたい」と考えるユーザーに受けやすいでしょう。

LINE広告を活用した事例

LINE広告で業績がアップした、(株)バルクオムの事例を紹介します。

バルクオムは、メンズ専用のスキンケアやヘアケア用品を販売するメーカーです。LINE広告を活用したところ、従来に比べてCPA(※)を257%改善するのに成功しました。

バルクオムの製品は、「長く使い続けることで、効果が実感しやすい」という特徴があるため、顧客との密接なコミュニケーションを図り、定期購入を促す必要がありました。ただ、広告表示だけでは、なかなか成果が出せない状態だったのです。

そこで、友だち追加タイプのLINE広告を採用しました。追加してくれたユーザーとチャットボットで会話し、信頼関係を深めることで、CPAのアップを実現できたのです。

※CPAとは
1件のコンバージョンを達成するのに発生した広告コストのこと

LINE広告を開始したいけどわからない、、そんな方はMPHまでご連絡下さい

「自社の商材がLINE広告に適しているのか分からない」「ほかに効率の良い方法があれば教えて欲しい」

このように悩んでいる方は、WEBコンサルティング会社のMPHにご相談ください。

MPHは、コストに見合った広告配信の提案はもちろん、どこに伸びしろがあるか把握するための市場調査や自社分析を、お客さまに変わって実施します。

具体的な行動計画を提案するだけではなく、行動の進捗管理も行ない、目標の実現を徹底的にサポートします。

ご相談は、24時間いつでも受付けておりますので、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。